プロ野球アンテナ

藤浪晋太郎、8回4安打1失点で四球はわずか1、いよいよ1軍昇格へ

2019年06月30日 09:08

[BASEBALL DAYS @ なんJおんJ]

この記事を見る

抜粋

1: 風吹けば名無し 2019/06/30(日) 09:03:57.00 ID:DEdKcA3l0
fujinami

藤浪“完投”2軍戦で8回8K101球「原点」自賛アウトロー!次回1軍総仕上げ

  目指す舞台は目の前だ。阪神・藤浪晋太郎投手(25)が29日、マツダスタジアムでのウエスタン・広島戦に先発、今季最長の8回を投げ、4安打1失点と好投した。球数は101球で8奪三振、与四球も1と課題の制球も安定していた。次回は7月6日のファーム交流戦・ヤクルト戦(戸田)に先発し、打席にも立つ予定。復活の階段を上る右腕が1軍昇格へ向け、総仕上げに入る。

 101球。単に大台を超えただけではない。1軍昇格の期待を十分に感じさせる投球だ。敗戦投手となったが今季5度目のファーム先発で、初完投した藤浪の表情は明るかった。「全体的に調子も悪くなかったし、それなりの内容だったんじゃないでしょうか」。言葉には充実感がこもっていた。

与えた四球も1つだけ。「自分の中では納得のいく、ある程度イメージした打ち取り方はできている」。それでも本来の投球には「もうちょっと」と物足りない様子。場面場面を振り返り、甘く入った球や1軍だったら抑えられたのかなど反省点を思い浮かべた。

 ただ完全復調まであとわずかなのは間違いない。「『大丈夫です、行けます』とならないといけない」と力強く語った藤浪。次回先発は7月6日のファーム交流戦・ヤクルト戦を予定で、平田2軍監督は「打席に立つ可能性を考えるよ」と明かす。いよいよ本格的に1軍先発を想定した段階に入る。

 若きエースが苦しい夏場の1軍戦線に加われば厚みは増す。制球や球の精度、フォームにも確かな感覚をモノにしつつある。完全復活を遂げた藤浪が、マウンドで仁王立ちする姿を虎党は強く待ち望んでいる。

https://www.daily.co.jp/tigers/2019/06/30/0012472077.shtml

2: 風吹けば名無し 2019/06/30(日) 09:04:19.56 ID:uRf2+Pp3
震えてきた

3: 風吹けば名無し 2019/06/30(日) 09:04:40.85 ID:K+KhWO2+0
うおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!

続きを読む

関連記事