プロ野球アンテナ

日ハム吉田輝星にプロの洗礼…3回5失点KO ダル以来2戦2勝ならず

2019年06月23日 15:50

[ポリー速報]

この記事を見る

抜粋

1: 風吹けば名無し 2019/06/23(日) 15:08:34.31 ID:5IWcMK7V0 
 2019-06-23 15.44.54
相手は中日
 
日本ハム・吉田輝星にプロの洗礼…中日打線に打ち込まれ3回5失点KO ダル以来14年ぶり2戦2勝ならず

日本ハムのドラフト1位ルーキー、吉田輝星投手(18=金足農)が23日、ナゴヤドームで行われた中日との交流戦でプロ2度目の先発登板。3回6安打5失点と打ち込まれて早々にKOされた。   吉田輝がプロの洗礼を浴びた。プロ初登板初先発となった12日の広島戦(札幌D)では5回で84球を投げ、4安打1失点の好投で初勝利。投球数の8割が直球という圧巻の内容でセ・リーグ3連覇中の広島打線を封じ、昨年のセ・リーグ最多勝投手である大瀬良に投げ勝った。そこから中10日で迎えた2度目のマウンド。投じた60球の内直球は36球と、前回プロ初先発初勝利を挙げた広島戦からみると、変化球の割合が多い内容だった。高卒新人がデビュー戦から2戦2勝を飾れば球団では2005年のダルビッシュ有(現カブス)以来14年ぶり、全体でも2012年武田翔太(ソフトバンク)以来7年ぶり7人目の快挙となるところだったが、プロは甘くなかった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190623-00000221-spnannex-base 

続きを読む

関連記事