プロ野球アンテナ

【悲報】西武黒田コーチ、2年前亡くなった森慎二投手コーチに今でもLINEを送り続けていた

2019年06月29日 21:17

[なんj@やきうの時間]

この記事を見る

抜粋

ph_player_87
1: 2019/06/29(土) 21:08:16.77 ID:DFtLF1uPpNIKU
2017年6月28日、西武・森慎二投手コーチは42歳という若さでこの世を去った。突然の訃報からちょうど2年。
現役時代だけでなく、コーチとしても同じユニホームで戦った黒田哲史内野守備走塁コーチ(44)は、今でも亡き同い年の親友へメッセージを送っているという。

 2人は埼玉・所沢にある西武の若獅子寮でも寝食をともにした大の親友だった。「友人以上、家族未満。基本的に野球の話はしないのに不思議と性格が合った。遠征先でもどこに行くのも一緒。食べたいものも、行きたい場所も不思議と一緒」

 それだけに突然、親友が他界してしまった寂しさは計り知れない。黒田コーチは今でもスマホを手に、森さんが生前に使用していたLINEのIDにメッセージを送っているという。

「今でもLINEしてますよ。悩んだりとか、自分のグチとかね。日記みたいな感じですかね」

 もちろん返事は返ってはこない。だが、LINEのメッセージは森さん宛てに飛んでいく。「既読にはならないですけどね。去年は優勝報告もしました。僕は向こうの世界には行ったことないけど、もしかしたら見守ってくれているかな」と現在も近況を送り続けている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190629-00000003-tospoweb-base

続きを読む

関連記事