プロ野球アンテナ

【中日対阪神10回戦】中日が6-1で阪神に快勝し今季初4連勝!大野雄7回1失点で5勝目!阪神は連敗で再び貯金が消滅

2019年06月29日 17:08

[なんじぇいスタジアム@なんJまとめ]

この記事を見る

抜粋

転載元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1561794087/

06_29_17_02_41_830.mp4_snapshot_00.26

783: 風吹けば名無し (ニククエWW 1aa8-njTY) 2019/06/29(土) 17:02:21.25 ID:/jzBav/P0NIKU
カッタガネー
557
06_29_17_02_11_592.mp4_snapshot_00.21
06_29_17_02_41_830.mp4_snapshot_00.48


中日、投打噛み合い今季初の4連勝 2回に一挙5点、大野雄7回1失点で5勝目

○ 中日 6 - 1 阪神 ●
<10回戦・ナゴヤドーム>

 投打が噛み合った中日が快勝。これで3連勝した交流戦最終カードの日本ハム戦から、今季初の4連勝とした。

 中日は2回、阪神先発・青柳から一死満塁の好機を作ると、8番・加藤が右翼線への2点適時二塁打を放ち先制。その後も、1番・平田の左前適時打、3番・大島の中前適時打などで加点し、打者一巡の猛攻で一挙5得点とした。5回には6番・井領が右前適時打を放ち6点目。9安打で6得点と効率よく得点を重ねた。

 先発の大野雄は要所を締める投球。打線の援護を得たあとはテンポ良くアウトを重ねた。6点リードの7回に1点を返されたが、7回104球、8安打5奪三振1失点の内容で5勝目(5敗)。8回以降はロドリゲス、マルティネスの継投で締めた。

 阪神は2連敗で再び貯金が消滅。4回5失点の先発・青柳は5敗目(5勝)を喫し、打線の反撃は8番・木浪の適時打による1点止まりだった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190629-00193869-baseballk-base


789: 風吹けば名無し (ニククエWW 4dab-Nvam) 2019/06/29(土) 17:02:24.10 ID:BcxfEZpE0NIKU
魔球やんけ!

790: 風吹けば名無し (ニククエW 6a94-SgbD) 2019/06/29(土) 17:02:24.86 ID:nrfg4VnI0NIKU
こんなご機嫌そうなマルちゃん始めて見たわ
続きを読む

関連記事