プロ野球アンテナ

宮迫博之「どうすりゃええんや」

2019年06月27日 20:00

[野球猫びいき]

この記事を見る

抜粋

book_ametoku_1

引用元: 宮迫博之「どうすりゃええんや」

1: 名無しさん@おーぷん 19/06/26(水)15:33:43 ID:y0L
本拠地、テレ朝で迎えたアメトーーク
先発入江が解雇、宮迫らも勢いを見せ大炎上だった
吉本興業に響くファンのため息、どこからか聞こえる「ついに宮迫も干されるな」の声
無言で帰り始める田村亮達の中、売れっ子芸人宮迫は独り楽屋で泣いていた
芸能界で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できる先輩芸人・・・
それを炎上した今では得ることは殆ど不可能と言ってよかった
「どうすりゃええんや・・・」宮迫は悔し涙を流し続けた
どれくらい経ったろうか、内川ははっと目覚めた
どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
「やれやれ、蛍原だけやし、アメトーークも終わりやな」宮迫は苦笑しながら呟いた
立ち上がって伸びをした時、宮迫はふと気付いた

「あれ・・・?視聴者がいる・・・?」
楽屋から飛び出した宮迫が目にしたのは、次番組まで埋めつくさんばかりの視聴者だった
はちきれそうなほど芸人がいて、地鳴りのようにくずの歌が響いていた
どういうことか分からずに呆然とする宮迫の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
「宮迫、集録や、早く行くぞ」声の方に振り返った内川は目を疑った
「ほ・・・蛍原さん?」  「なんだ宮迫さん、居眠りでもしてたのですか?」
「ゴ・・・ゴリ?なんでいまさらゴリエになってんや」  「なんだ宮迫、かってにゴリエを終わり扱いしやがって」
「ぐっさん・・・」  宮迫は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
1番:リンカーン 2番:オカッチ&ミヤッチ 3番:ワンナイR&R 4番:アメトーーク 5番:オールスター感謝祭 6番:内川 7番:R-1グランプリ 8番:吉本印天然素材 9番:行列のできる法律相談所
暫時、唖然としていた宮迫だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
「テレビに出れる・・・出れるんだ!」
マネージャーからグラブを受け取り、番組の集録へ全力疾走する宮迫、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

翌日、自宅で冷たくなっている宮迫が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

続きを読む

関連記事