プロ野球アンテナ

日刊の交流戦MVP総選挙、とんでもない結果に

2019年06月27日 16:05

[ポリー速報]

この記事を見る

抜粋

1: 風吹けば名無し 2019/06/27(木) 06:47:53.71 ID:uv18TUy2p
 2019-06-27 8.54.19

ネット連動企画「みんなの総選挙」第7回は「あなたが決める日本生命セ・パ交流戦MVP」です。日刊スポーツのWebサイトで投票を募りました(25日午後11時まで)。
 12日の広島戦(札幌ドーム)でプロ初登板初勝利を飾った日本ハムのドラフト1位ルーキー吉田輝星投手(18)が、有効投票数807票の約4割となる310票を集め、1位に輝きました。得票の多くは女性からのものでした。     ◇   ◇   ◇  交流戦成績は1勝1敗も、その「1勝」のインパクトが大きかった。日本ハム吉田輝がプロ初登板初先発で、セ・リーグ3連覇中の広島を5回4安打1失点。21世紀生まれで初の勝利投手となりました。  獲得した310票の9割以上となる287票が女性票。

「野球を知らない私を野球好きにしてくれた」(秋田・40代女性)「輝星のおかげで初めて真剣にプロ野球を見ました。とても面白かったです!」(秋田・30代女性)と新規の野球ファン獲得に大きく貢献している様子。「がんばっている姿がかっこいい! ふとした瞬間、かわいい!」(沖縄・10代以下女性)「先輩方が必死でもり立ててくれた『愛され力』も素晴らしい」(三重・40代女性)とルックスやキャラクターに関する意見も多数、寄せられました。  また出身地の秋田から最多108票を集めたほか、東北地方から多くの支持を獲得。「広島戦でストレート約8割の投球内容で初勝利を飾った。その実力と初々しさと、将来性を感じた素晴らしいゲームだった」(宮城・50代男性)と直球主体の投球内容を評価する声も多く上がりました。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190627-06250593-nksports-base 

 
えぇ…

続きを読む

関連記事