プロ野球アンテナ

2016年オフ 大田、公文⇔吉川、石川 2019年 吉川、宇佐見⇔藤岡、鍵谷

2019年06月26日 12:01

[なんJは加速している]

この記事を見る

抜粋

1: 風吹けば名無し 2019/06/26(水) 11:03:10.05 ID:6o+oMXxf0

4: 風吹けば名無し 2019/06/26(水) 11:04:00.86 ID:6o+oMXxf0
巨人吉川光夫投手(31)、宇佐見真吾捕手(26)と日本ハム藤岡貴裕投手(29)、鍵谷陽平投手(28)の2対2のトレードが成立したことが26日、分かった。
29日のレギュラーシーズン再開を前に、中継ぎ投手の補強を目指した巨人と、捕手、投手の選手層の厚みを求めた日本ハムの思惑が一致した。

セ・リーグ首位の巨人は、5年ぶりのリーグ優勝へ、中継ぎ強化が急務になっている。
先発投手の防御率はリーグ2位だが、救援陣は同4位の3・83。新外国人としてダイヤモンドバックス傘下3A所属のルビー・デラロサ投手(30)を獲得したが、
さらなる戦力アップへ右腕の鍵谷、左腕の藤岡が加入する意味は大きい。

鍵谷は今季18試合に登板し、0勝0敗、防御率5・94。2軍では8試合で防御率0・00と安定した成績を残す。
北海道出身の地元選手として活躍してきたが、求められた環境でブルペンを支える存在を目指していく。
11年ドラフトで3球団競合の末にロッテ入りした藤岡は、18年にトレードで日本ハムへ移籍。
今季2試合に登板して計3回で5失点と本来の力を出し切れていないが、新天地で心機一転を図る。

パ・リーグ4位の日本ハムには吉川光、宇佐見が加入する。
12年にMVPに輝いた吉川光は、入団から10年間所属した日本ハムに3年ぶりに復帰する。
中継ぎに転向した今季は「勝利の方程式」の一角として期待されたが、9試合に登板し1敗、防御率9・95と結果を残すことができなかった。
慣れ親しんだ古巣で復活を期す。

今季日本ハムの捕手は清水、石川亮、鶴岡らが併用されている。
現在の1軍3人は全員右打者で、左打者の宇佐見が加入すれば層の厚みが増す。
プロ2年目の17年には4本塁打を放つなど、打撃力も期待されている。
no title

続きを読む

関連記事