高木豊氏、巨人は今こそリスクを背負い、大胆な戦いを…ヤクルト追走へ提言

2022年06月30日 09:39

[なんじぇいスタジアム@なんJまとめ]

抜粋

転載元: https://tanuki.5ch.net/test/read.cgi/livebase/1656516975/

20220630-OHT1I51003-L

205: どうですか解説の名無しさん 2022/06/30(木) 07:50:09.10 ID:Xr55Si5wa
https://hochi.news/articles/20220629-OHT1T51147.html

髙木豊に本質つかれてんじやねえか
ウォーカー下げるの早すぎ、走らないなら増田は要らないって
 2つポイントを挙げたい。一つは、同点の8回の守備からウォーカーをベンチに下げたところ。確かにウォーカーの守備は心もとなく、この展開では守備固めを入れるのがセオリーである。ただ、今最も期待感のある打者がラインアップから消え、攻撃力はそがれた。彼の打撃を買っているのであれば、同点の終盤でも勝ち越すまで代えないという手を、考慮に入れておきたい。

 もう一つは延長10回。1死から中田の代走で出た増田大には、スチールを仕掛けてほしい場面だった。スペシャリストとして出ている以上、岡本和には一発があるから自重したとしても、坂本のところでは勝負してもよかったろう。中日は正捕手の木下が離脱しており、バッテリーに弱みを抱えている。サインが出ていたかどうかは分からないが、仮にアウトになったとしても、「攻める」というメッセージが、チーム全体に明確に伝わっていたと思うのだ。

 今のヤクルトは強い。これからヤクルトが勝った日は巨人も絶対に勝たなければならない。リスクを背負って戦わなくては、逆転優勝への道は険しい。(スポーツ報知評論家・高木豊)


続きを読む

この記事を見る