プロ野球アンテナ

山口俊に辛口スカウト評価「クロダ、タナカ、ダル以下」「中継ぎなら使える」

2019年12月04日 21:02

[非常識@なんJ~野球ネタを中心にまとめるブログ~]

この記事を見る

抜粋

7F83F5DE-4CE4-4911-8CBB-34264FB46CF0




引用元スレ:山口俊に辛口スカウト評価「クロダ、タナカ、ダル以下」「中継ぎなら使える」
http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1574161617/







1: 風吹けば名無し 2019/11/19(火) 20:06:57.64 ID:g6rLkI2Xa
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191119-00000017-nkgendai-base
■変化球の精度

「プレミア12などで投球をチェックしたが、ストレートは150キロを計測することもあるものの
平均145キロ前後。変化球は、フォーク以外のスライダー、カーブのキレや精度が
イマイチだった。今年の与四死球はリーグワーストの73。制球力にも疑問が残る。
日本よりも球数が限られるメジャーでは、少ない球数で長いイニングを投げることが
求められる。かつてのクロダ、タナカ、ダルビッシュほどの優れた技術を持っている投手とは
言いがたい。獲得するにしても、本当にメジャーで活躍することができるのか
スプリングトレーニングで様子を見ないといけないだろう」

■メンタルに問題

ア・リーグのある国際担当スカウトも同様に、スプリット契約を予測した。

「アジア担当スカウトに聞くと、彼は以前からメンタルに問題があるのか
右打者の内角へはあまり投げず、外角に変化球を多投する傾向があるそうだ。
平均145キロ前後のストレートで外角中心の配球をしても、メジャーリーガーは
腕が長いので、バットが届く。球威やキレが非常に優れている投手ならまだしも
おそらく少しでも甘く入ればスタンドに持っていかれるだろう。かといって
フォークを多投するとなると、日本より縫い目が高いボールを使用し
日本より硬いマウンドで投げるので、肩や肘への負担が増す。
来季で33歳という年齢を考えると、故障のリスクも高まる。先発投手としては
同じアジア地区でも韓国人左腕の金廣鉉(SK)の方が評価は高い。
ヤマグチは中継ぎでなら使えるかもしれない」

続きを読む

関連記事