プロ野球アンテナ

京田「手元でピュッ」 ビシエド「手元でピュッ」

2019年06月24日 16:01

[野球まとめで(o∀n)]

この記事を見る

抜粋

1 :まとめでおん 2019/06/24(月) 06:53:52.10 ID:dq3c9Ogpa.net
 黄金ルーキーにプロの洗礼を浴びせた竜打線だが、試合後は絶賛する声ばかりが上がった。
初回に右翼線を破る二塁打を放った平田は「すごくいい投手。真っすぐが下から出てくるイメージ。
(スピード)ガンよりも速く感じた」と言えば、
京田も「球がホームベースの上で失速せずにピュッと、もうひと伸びしてきた。
特に内角の直球は真っスラ気味で、ちょっと動いていたので打者としては芯を外されるので嫌。
マウンドの上でも落ち着いていて、走者を出したときのけん制とか、間合いとかも上手だった。
とてもルーキーとは思えない。今日はたまたま僕らに打たれたけど、前回はあの広島打線を抑えているわけですからね」と舌を巻いた。

 吉田輝が昨夏の甲子園大会の準優勝投手であることを知っていたというビシエドは
「初めに真っすぐがきたときは、リリースを前の方で離すので、手元でいい回転でピュッと伸びてきたのでびっくりした。
若いのに怖がらず、しっかり勝負しようと向かってきたので、その気持ちは素晴らしい。
今日は僕は打てたけど、すごく可能性がある素晴らしい投手。なかなかない逸材」と度肝を抜かれたという。
大島も「高めの直球は浮き上がってくる感じで力があった。間合いを変えてきたりするところは、
新人ぽくなくてセンスがある」と話し、とにかく絶賛の嵐だ。

https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/1444803/

関連記事