プロ野球アンテナ

【広島カープ】南海OBのレジェンドが見た、カープが打てない致命的な原因

2019年06月24日 11:00

[広島カープブログ]

この記事を見る

抜粋

<日本生命セ・パ交流戦:広島3-9オリックス>◇23日◇マツダスタジアム

初対戦の投手を打つのは難しい。どんなボールを投げてくるか見極めているうちに後手後手に回り、相手に気持ちよく投げさせてしまいがちになる。広島は前日も初見のオリックス先発荒西に6回途中1失点に抑えられた。この日は左腕田嶋をどう攻略するか注目していたが、6回2安打無失点に抑え込まれた。

田嶋のボールに思った以上のキレがあり、広島の各打者は面食らっているように見えた。ゆっくりしたフォームからリリースの瞬間にビュッと腕を振る印象で、タイミングが取りにくいのだろう。ボールの出どころが見にくいのかもしれない。各打者は狙い球を絞っていたのだろうが、球威、制球とも想定以上で、確かに攻略は難しかった。

ただ、付け入る隙の少ない投手に対する場合、投球リズムを崩す工夫がもう少し必要だ。特に下位打線。セーフティーバントを仕掛けたり、そういう構えをみせたりして、気持ちよく投げさせないよう揺さぶりをかけたかった。(日刊スポーツ評論)



引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190623-06230821-nksports-base
続きを読む

関連記事